「酔胡楽」祭りのあとに。

祭りは最高潮に達し、賑やかな掛け声は

突如静まり返る。

神輿の男衆はかしずき、そのときを待つ。

地響きのような神主の声に、ご神体はゆっくりと還されていった。

 

松尾大社に御神輿が還られた日、

私たちも、この怒涛の二日間を終えた。

たった二日間が、
どれほどに濃く、充実したかは、
このぐったりとした疲労感が物語っている。

 

この3人が、こうして今という時に
交差するように出会い、恵まれて、
今日という日を得られたように思う。

なにもかもが、目出度い

愛でたい。

 

お祭り騒ぎをしたあとの静けさを、

今、それぞれが味わっているところ…。

 

 


きっとまた、この先も今日という日を振り返っては、
感激して身震いするような

 

ただただ、多くの出会いとご縁に
感謝してもしきれません。

この二日間を共にすごしてくださった

すべての方々に心から御礼申し上げます。