グループ展を終えた後の修験道。

2週間にわたるブロギガ展を無事に終え、

翌日、

東近江にある太郎坊宮の山を目指していた。

 

多くの反省を振り返る間を惜しみつつ、

次の山へ。

 

想像以上の修験道。

 

息を切らして見上げれば、

終わりの見えない急階段が空へと続いていた。

 

「多くの修験道たちが、天狗の太郎坊(たろぼ)さんを目指されてきたんです」

 

と、山の上で出会った神主さんが、優しい表情で教えてくれた。

 

新緑美しい山々には、まだ山桜が淡く彩りを添えている。

田んぼにはそろそろ水がひかれ始め、

あぜ道を丁寧に整える農家さんの姿に

わが身のせわしなさを痛感する

 

明日はどこに向かっているのか

まだ考えずに、今日は眠ろう