意識はいつも、あの海の方向。

京都にも、

あっけない梅雨明けの知らせ。

置いてかれたりしないように

けれど、いつものごとく

焦ることだけはしたくない。

亀の歩みでのろのろと。

 

そういえば

FBを見ている友人などから

いつもいろんな所行ってていいね

と言われることが多い。

私からすれば

去年とくらべようのないほど

今年は家で過ごすことが多い

のだけれど。

作品など制作中心にゆるゆる過ごしてる。
去年はほとんど外で

せわしなくしていたので

余計にそう感じる。

仕事柄、取材など多かったので

まるで数年分をつめこんだように

毎日色んな場所へ、色んな行事や

風物詩を追いかけていた。
美しい場所と景色をたくさん詰め込んで。

今でもそれがあるから、落ち着いて

自信なんか持てちゃったりしている。

比較的に外に向かって経験を詰め込んだ去年は

自分を振り返る間もなく

意識は内へ。

比較的に家の中で内に向かっている今のほうが

自分と向き合わされてつらいような、

意識は外へ。

うまいこと、体と心がバランスをはかっているようだ。


“じぶんが

どういうものか

知っている。”

それほど強いものはないから、

とにかく今は自分を観察している。

 

しかし大好きな夏だ。

いろいろ整えに、

海に行かねば。

 

意識はいつも、はるかむこうへ。