私はいつも

 追憶のなかの原風景を求めるように

  いろんな島に旅をする

 

   2011年7月

    3度目の「竹富島」で     

    不思議な体験をした

          ―――その備忘録。 

貝殻のペンダント


思い立って、気ままなひとり旅。大好きな竹富島へ。

年中花が咲き乱れ、どこからか漏れ聞こえてくる三線の音色。ビーチまで続く、白いサンゴの道を、朝な夕なに散歩する。それだけで、私は満ち足りた気持ちになれました。

あるとき、宿の近くに、貝殻の看板を見つけて、ふらりと立ち寄りました。店内には、磨かれた、たくさんの素敵な貝殻たち。南国の珍しい形をしたものや、色とりどりのもの。手作り感のある、とても繊細なアクセサリーも並んでいます。

店先に出た店主さんが、とても気さくに話しかけてくれました。

ここでは、自分でペンダントを作らせてもらえると聞いて、私はすぐさま予約。

私の誕生日が近かったこともあって、その記念にと即決したのでした。

いったん、宿に戻って夕飯を終えてから、暗くなった夜道を歩いて、再び店へと向かいました。

 

工房に案内してもらうと、手のひらくらいの大きさの貝殻が部屋に山積みになっていました。

店主さん自ら、近海で採ってきたという貝殻たち。

命はないものの、何かを宿しているような輝きを秘めています。

きちんと処理が施され、これから宝石になる前の原石のよう。

「どんな形にしたいですか?」
そう聞かれて、私はあらかじめスケッチした紙を手渡しました。

店主さんは、貝殻の山の中から選んだ一つを手にすると、

さっそくスケッチどおりのに、機械で削っていきました。

出来上がって手渡されたものは、私のスケッチの通り、すみれの花を象ったもの。

そして、ここからが、私の作業。手でやすりを使って、貝殻を丹念に磨いていきます。

数時間にわたって、とても根気のいる作業でしたが、

気さくな店主さんのおかげで、作業中に、色んな島のお話を聞くことが出来ました。

 

店主さんは、島の歴史にとても興味を示していた私に、

「それなら、館長さんのところへ行くといい」とすすめてくれました。

島に日本最南端のお寺があり、郷土資料館を併設していて、そこで館長をしておられるとのこと。

なんでも島一番の研究者で、島の祭儀も取り仕切っておられるという。

 

それが、この旅に大きな出会いをもたらすとは夢にも思わず――

出来上がったペンダントを手に、その日はぐっすりと眠りについたのでした。

 

 

 

館長さんとの出会い

 


次の朝、さっそく資料館へと向かいます。
  
今まで、玄関に盛られたオブジェたちが気になりながら、おそるおそる通り過ぎていた資料館。

この日、初めて入館しました。

館内の受付に、忙しそうに電話にでている男性がいました。
 素朴で温厚そうなお姿。歴史資料か何かについて話されていることからも、館長さんとすぐに分かりました。
 館長さんの声だけが響く資料館の中で、しばらく展示品を見ていました。
  
電話を切った館長さんが、ほどなく声をかけてくださり、展示品の説明をしてくれました。

後々知ることになったのですが、館長さんは、島の祭を取り仕切る斎主を務められていて、

竹富島の言語や風習など、様々な歴史文化の研究者をされているとのこと。

また、館長さんの奥さまがこのお寺のご住職で、島の祭りに伝わる踊りなどを、若人に教える師範をされていました。
ご夫婦そろって、島の文化を支える重鎮でおられました。

 

館長さんに、これまでのいきさつを話しているうち、

自分が巫女さんをしていることを告げました。

とたんに、ひらめいたような顔をされて、

「あなたは今日の島の祭りを見ないとだめだ!」

と、急に説得を始める館長さん。
 私も、島の祭りに興味は引かれれるものの、実は、すでに石垣島に今日のホテルをとっていて、昼過ぎには竹富島を離れる予定だったので、戸惑いを隠せません。

しかし、なかば強引に引き留めようとする館長さん。

すぐさま、知り合いの宿に電話をかけられたかと思うと、

気づけば、竹富島にもう一泊することが決まってしまったのです。

 

そのとき、外では、久しぶりのスコールが降ってきました。
「足どまりの雨ですよ。」

館長さんが、にっこりと笑ったのでした。
    

竹富島の神司(カミツカサ) 夜のまつり                

 

夕方6時、
今まで入ることも畏れていた、

ウタキの聖地に入ることが許されました。

月と星がまたたく空の下、森の中に、ぼんやりと灯りが見えます。

そこには、神司(カミツカサ)と呼ばれる老女が2人、香炉に立ち上る煙に祈りを捧げていました。


その前に、集まった島の長老たち(男性陣)が次々と並んでいきます。

渋い紺色の着物を身にまとい、手にはクバオージと呼ばれるクバの葉の扇を手にした姿をしていました。
 初めて見る島人の正装姿。誰もが美しい皺を刻んだ顔つきで、品を漂わせています。

 

みんなが揃うと、穏やかに祭りが始まりました。
まず神司が祈りを捧げた後に続いて、斎主の掛け声が入ると、長老たちが一斉に揃って拝礼します。

ちょうど、島出身の若い男性が、祭りの写真を撮るのに同行されていて、祭儀中、私に解説をしてくれました。

館長さんも、斎主を務めながら、時折わたしに説明をしてくれました。

 

2礼2拍手は明治になってからの作法らしく、元々は33拝、99拝といった、合わせた手を上下する作法だったとのこと。

神司は、香炉に立てたお線香の煙に、まず神を降ろし(カミオロシ)、
そして、竹冨に伝わる言葉で祈りを捧げます。

竹冨で、今もお年寄りたちが使う美しい響きのその言葉は、

日本の室町時代の言葉の響きを残していると、館長さんが教えてくれました。
 

聞こえてくる言葉の中に、理解できるものを探すけれど、全くと言っていいほどわからない。

古来の言霊が、今も鮮明に、とても豊かに残っていました。

拝礼の締めくくり。

御神酒となる、泡盛を載せた足付き台が、年功序列に回っていきます。
 なんと私の前にも、その台がまわってきた。

慣れない泡盛に、ドキリ。恐るおそる、盃に注がれたお神酒を飲み干しました。

その瞬間、この地と一体になったような不思議な心地がしたのでした。
  

島にある3つのウタキには、それぞれ神司が夜籠もりされていました。

全箇所を合わせると、5人の神司がおられます。
島の中央のウタキに2人、小学校真横のウタキに2人、うっそうとした森の中のウタキに1人。
 夜通し、そこで祈りを捧げています。

そして、神司が待つウタキに、長老たちは皆で揃ってケイバンに乗り、

順番にお参りをして回ります。私も、恐れ多くも、長老たちに同乗させてもらいまいました。

長老たちの姿はとても素朴で、古来の日本人に会えたような気持ちになるほど、

気品ただよう佇まいをされていました。

 

 

 

祭事は、とても和やかな雰囲気で、淡々と進んでいきます。

ふだん、私も巫女として奉仕するときの緊張感を知っているせいか、

ウタキでは、あまりの緩やかな雰囲気にとても驚きました。

と同時に、とてもほほえましく、祭りの意味の原点を見た気もしました。

祭り(祭典)の最中、長老たちが、急に冗談を言って笑ったり、村の噂話を始めることも。

そのうち、皆で盛り上がってしまったので、ついに斎主が、神様に笑顔で謝る瞬間も。

その話を笑顔で聞いていた、神司が言いました――

「町の色んな厄介ごとをあらいざらい神様に聞いてもらうのよ」

――白い装束を羽織ると、神司(カミツカサ)はこの祭の神の使いとなる。――

 

祭りの最後は、毎回、直会です。

供えていた御神酒やお菓子、お塩などを、

神司直々に、手から直接ではなく、長い菜箸を使って、長老たちに配り、振る舞います。
  「神司様、じきじきに頂きまして…」と長老たちが頭を下げていました。
 女性である神司が、長老たちを笑顔で見守る姿は、

とても寛大な、母なる眼差しをたたえていました。
 
世襲で、代々受け継がれるという神司(カミツカサ)は、古より、女性に限られています。

役職を継いだその日から、その身を捧げ、島の神様に祈りを捧げ続けるのです。
 
竹富島、5人の神司の美しい佇まいには、島の神秘そのものが宿っていました。

虹のかかる島
 
翌朝、島を去る日が来ました。
 
この二日間、祭の様子をずっと撮影していた若いカメラマンさんがいました。
祭の間中、私の側で言葉やその意味の解説をしてくれたのも彼でした。
祖父がこの島の出身者であるということで、特別に撮影を任されているようでした。
最後に、早朝6時からの祭を見学して、ついに船が出る時刻が迫りました。
彼に、軽トラックで港まで送ってもらいました。
そのとき、ふと見上げた空に、虹が大きくかかっていました。
――こんな大きな虹を見たのは、何年ぶりだろう。――

 港に着いて、出港直前の船に飛び乗りました。
朝一番の船に、乗客は私ひとり。
船の甲板に出ると、遠ざかった島の上に、虹がかかっていました。
ほんとうに、奇跡の島――

島の人々の明るい笑顔を思い出して、
船の後ろからふきあげる潮風と一緒に、涙が出ました。
 
美しい人々の営みは、夢ではなく、現実。
 
ウタキの前に敷かれた御座の上に、紺色の着物をまとった島の長老たちが、
談笑しながら直会をする姿――
 まるで神々の集会のようでした。

壇上の神司は美しく豊かさをたたえていて、時おり、長老たちの冗談を笑顔で諌めたりする。
   ――神様の前に、そのままの姿をさらしなさい。
神司の言葉が、いつまでも胸に響いていました。
 
 
いずれ継ぐ者がなくなるかもしれない。
この情景は、いつか忘れられていくものかもしれない。
  
  出会った人の中に、“島の美しさは見かけだけだ”と言う人がいました。
 この島の出身でない人がこの島で暮らそうとしたとき、
長老たちは会議にかけて、移住を許すかどうか決めるのだといいます。
多くの観光客で成り立つ島での生活も、
日々開発の波に見舞われ、たくさんのことが失われていくように見えました。
誰しもがそれを嘆きながら、時の流れは、決して止めることが出来ません。
 
 
「島の暮らしには、この時代に必要な、重要なヒントがあるはずだ。」
という、館長さんの言葉にも、とても共感しました。
 
これまでも、神に仕える巫女のような存在の“神司”たちに、
いつか会える機会があるならばと、憧れていました。
実現出来たことは、とても畏れ多くて、未だに、夢のような心地がしています。
あの夜、祭壇の前で、神司と対面したとき、
私の希望を聞いて、神様に祈ってくれました。
名前と住所を尋ねたあと、それを復唱し、丁寧な祈りを捧げてくれました。
 
島での重役にあたる、長老たちだけが参加をゆるされる祭に、
外の人間である私の参加を認めてくださったこと。
それを最後まで、言葉を掛けながら導いてくださった、祭の斎主である館長さん。
 
数ある沖縄の島の中で、島によっては、祭は一切外部に見せない秘祭とされてきた。
竹富島が自ら、祭事をオープンにしたのは、この館長さんのはからいだと、後々知りました。
 
 港まで送ってもらったトラックの車内で、
館長さんの数々のはからいをふり返って、カメラマンさんがとても驚いていました。
“女人禁制”だった祭典も、見学を許すだけでなく、「もっと近くで見ていいよ」と、私をかなり近くまで招いてくれたこと。
そんなことは、これまで無いことだという。
 最後に、私が館長さんと昨日出会ったばかりだと知って、さらに驚かせてしまった。
  
  
これまで、何度となく訪れた竹富島。
会うべくして出会った人々。
 
 
この方々に会うまで、なぜか、もう竹富島に来るのは最後かもしれないな、という気持ちでいました。
それが、結果、深いご縁を頂いてしまいました。
 
また、うかつにも、竹冨島の神様に、神司に言われるがまま、お願い事までしてしまったものだから…
  いずれ再び訪れる日まで、この旅の記録を胸に。
 
なぜ竹富島に呼ばれたか――
やっと、ほんの少し見えているのだけれど。

旅のおわりに。
2011/7 violet